環境

「ゴミを出さない。空気や水を汚さない。資源をムダ使いしない。」

「言うは易し、行うは難し」この課題にBX新生精機は、環境思想の徹底教育から取り組んできました。

そして、全社をあげて、身近なこと、できることから徹底して実行しています。

2000年1月、ISO14001の認証を取得、環境マネジメントシステムを構築し、具体的な環境改善活動を推進し、企業活動と両立させる環境経営に取り組んでいます。

環境方針

BX新生精機株式会社は地球環境との共生を果たし、継続的発展を可能にする社会の実現のためには、地球環境の保全が人類共通の最重要課題の一つであることを認 識し、シャッター開閉機等各種減速機の製造、販売に係わる総ての事業活動とこれらの製品の環境影響を低減するため環境マネジメントシステム活動を全社員を あげて推進する。

  1. 事業活動、製品及びサービスから生じる環境影響を評価し、技術的、経済的に可能な範囲で環境目的及び環境目標を定め、環境保全活動の継続的改善を推進し、環境汚染の予防に努める。
  2. 環境に関する法律、規制、条令などを遵守すると共に必要に応じて自主基準を定めて環境保全に努める。
  3. 環境負荷低減型の商品づくり及び技術開発を行う。
  4. 事業活動の総ての領域で、省資源、省エネルギー、リサイクル、廃棄物の減量化を推進する。
  5. 環境監査と環境方針、環境目的、環境目標の定期的見直しとにより、環境マネジメントシステムの継続的改善を図る。
  6. 環境方針は掲示と教育によって全社員と協力会社に周知すると共に、パンフレット等で一般の人が入手可能なものとする。