沿革

昭和26年8月 大阪市西区に定行金属工業所を設立し、久保田鉄工株式会社の協力工場として個人創業
昭和33年6月 重量シャッター開閉機(手動式及び電動式)製造に着手
昭和35年8月 定行金属工業株式会社を資本金150万円をもって設立
10月 スパー式上部電動及びウォーム式開閉機完成
昭和37年4月 資本金300万円に増資
昭和38年4月 資本金600万円に増資
昭和40年3月 東京都荒川区に東京営業所を開設
4月 上部電動サイクロイド式新型開閉機開発、量産に入る
昭和43年2月 資本金2,400万円に増資
7月 泉鉄工株式会社を吸収合併、資本金3,000万円となる
昭和44年1月 定行金属工業株式会社を定行精機株式会社に商号変更
5月 本社を大阪市西淀川区へ移転
12月 資本金4,500万円に増資
昭和46年10月 遊星ギヤ-式開閉機開発、量産に入る
昭和52年12月 大阪市西淀川区に大阪営業所を開設
昭和53年7月 本社を兵庫県加西市鴨谷町687番地へ移転
昭和54年11月 スーパーヘリカル式電動開閉機開発、量産に入る
昭和57年2月 バスケットボード昇降機・テント開閉機開発、量産に入る
6月 資本金5,000万円に増資
昭和59年7月 シャッター水圧開放装置開発
財団法人日本消防設備安全センターの認定取得
9月 軽量シャッター電動開閉機開発、量産に入る
昭和60年8月 サイロ空量計測器開発、量産に入る
10月 定行精機株式会社を新生精機株式会社に商号変更
昭和61年8月 横引式門扉電動開閉機開発、量産に入る
平成1年4月 資本金1億円に増資
研究開発部実験棟完成
平成2年4月 資本金2億円に増資
平成4年7月 カードリモコン開発、量産に入る
平成5年7月 チューブラモーター開発、量産に入る
9月 技術研究所竣工
平成6年1月 電動バネ併用シャッター開閉機開発、量産に入る
3月 空気清浄機点検部品用昇降機開発、量産に入る
6月 シートシャッター開閉機開発、量産に入る
9月 金型製作の開始
平成8年4月 社屋、東工場竣工
8月 EMC(欧州規格、電磁波適合性)認証取得
平成10年1月 品質マネジメントシステム規格ISO 9001の認証取得
平成12年1月 環境マネジメントシステム規格ISO 14001の認証取得
平成14年4月 パーク・キーパー(チェーンゲート)開発、量産に入る
平成18年2月 国際展示会 R+T2006(ドイツ)に出展
12月 シンクロナスモーター開発、量産に入る
平成21年2月 国際展示会 R+T2009(ドイツ)に出展
平成22年5月 非常電源装置1.5kW用HOI-15OSA開発、量産に入る。
7月 障害物感知機能付開閉機開発、量産に入る
平成26年3月 国際展示会 R+T2013(上海)に出展
9月 電動ロールスクリーン”qs”販売開始
平成27年10月 BX新生精機株式会社に商号変更